楽天証券ポイント投資の税金 運用利益の税金

楽天証券 ポイント投資 税金

楽天証券のポイント投資って税金はどうなるの?
ポイントで買うから税金はかからないの?

カクカク

マルマル

ううん、楽天証券のポイント投資は現金で運用して現金でもらえるから税金がかかるよ。
このページでは楽天証券ポイント投資の税金について詳しく紹介するね。

楽天証券ポイント投資は一度「現金化してから運用される」ため、通常の投資信託と同じく税金がかかってきます。

このページでは楽天証券ポイント投資の税金のタイミングや税率、確定申告について紹介して行きます。

楽天証券ポイント投資の税金 利益に対してかかる

含み益 分配金 譲渡益
税金 かからない かかる かかる

楽天証券ポイント投資の税金は、含み益ではなく「分配金」や「譲渡益」に対してかかって来ます。

含み益に対してかからないので、税金の計算は面倒ではありません。

楽天証券ポイント投資の税金 非課税と課税対象

特定口座 一般口座 NISA口座
税金 20.315% 20.315% 0%(非課税)
確定申告 必要なし(源泉徴収ありの場合) 必要あり 必要なし

楽天証券ポイント投資はNISA口座の場合は非課税になりますが、通常の特定口座や一般口座は20.315%の課税がかかります。

サラリーマンで副業をしている人は「特定口座の源泉徴収あり」を選択しておけば、確定申告が必要なく、楽天証券が譲渡益から税金を納税してくれます。

「特定口座の源泉徴収なし」と「一般口座」の場合は、自分で確定申告する必要があります。

普段から確定申告をしている個人事業主の方は「一般口座」、普段確定申告をしないサラリーマンは「特定口座 源泉徴収あり」を選択しましょう。

年間利益100万円の場合
100万円 × 20.315% = 20万3150円
年間利益500万円の場合
500万円 × 20.315% = 101万5750円

雑所得の様に年間利益の大きさで税率が変わるわけではないので、計算はとても簡単です。

楽天証券の税金 ポイント投資とポイント運用

ポイント投資 ポイント運用
所得の種類 分離課税 一時所得
控除額 なし 50万円
申告不要金額 20万円 20万円(50万円と合わせて70万円までは申告不要)
税率 20.315% (所得金額-50万円)×2分の1の所得税

楽天証券の「ポイント投資」の他に楽天PointClubの「ポイント運用」というものがあります。

ポイント運用は「ポイントで運用してポイントで利益がもらえる」ものとなり、税金の種類が違います。

ポイント運用は50万円の非課税枠があるので、50万円までは税金がかかりません。

一時所得は税率が2分の1になるので、かなりお得な税率となります。

ポイント投資とポイント運用の税金の違い

利益 ポイント投資 ポイント運用
100万円 20.315万円 1.25万円
200万円 40.63万円 3.75万円
300万円 60.945万円 6.25万円
500万円 101.575万円 22.5万円

税金で比較すると、このように「ポイント運用」の方が圧倒的に税金が安くなります。

楽天証券ポイント投資 確定申告

特定口座(源泉徴収あり) 特定口座(源泉徴収なし) 一般口座 NISA口座
確定申告 必要なし 必要あり 必要あり 必要なし
確定申告期間
毎年2月16日~3月15日
申告不要金額
20万円を超えたら必要(確定申告を普段からやっている人は申告が必要)

楽天証券ポイント投資の確定申告は「特定口座の源泉徴収なし」を選択した人と「一般口座」の人が対象となります。

「特定口座の源泉徴収あり」と「NISA口座」の人は確定申告が必要ありません。

毎年1月1日~12月31日までの損益を、翌年2月16日~3月15日に確定申告します。

利益20万円までは申告しなくて大丈夫ですが、普段から確定申告している人は申告する必要があります。(控除額ではなく、申告しなくて良い金額という意味になります)

楽天証券で確定申告について詳しい動画がありましたので、参考にしてください。

  • 申告不要の場合でも、確定申告すると「損益通算」や「繰越控除」が受けられる
  • 20万円以下の申告不要の条件

税金はいろいろと複雑なので、一度動画で確認しておきましょう。

楽天証券ポイント投資まとめ

ポイント投資って言っても税金はしっかりかかるんだね。
僕はサラリーマンだから、「特定口座の源泉徴収あり」で運用するよ。

カクカク

マルマル

ほとんどの人は「特定口座の源泉徴収あり」で良いと思うよ。
NISA口座を作ったことがない人はNISA口座で非課税運用すると良いよ。

楽天証券ポイント投資の税金は、基本的に20.315%かかり、NISA口座は税金がかかりません。

(NISA口座は年間120万円まで、つみたてNISAは年間40万円までの投資金額)

サラリーマンの人は「特定口座の源泉徴収あり」にしておけば、特に手続きが必要なく、楽天証券がすべてやってくれるので便利です。

普段から確定申告をしている個人事業主や、複数の収入がある人は、確定申告をする必要があります。

楽天証券ポイント投資の税率は、一律20.315%なので、計算は非常に簡単です。

楽天証券ポイント投資 関連記事