LINE証券のポイント投資とは? LINEポイント投資のやり方

LINE ポイント投資

LINE証券のポイント投資ってどんなサービス?
特徴や種類、やり方について知りたいな。

カクカク

マルマル

LINE証券はLINEポイントを使ってポイント投資ができるんだよ。
LINE証券は投資信託や国内株式にポイント投資ができるよ。

LINE証券ポイント投資の特徴や種類、やり方について紹介して行きます。

お得にポイントを貯めて、LINE証券でポイント投資をして行きましょう。

LINE証券ポイント投資の詳細を確認する

LINE証券のポイント投資とは?

LINE証券のポイントは「LINEポイント」を使って投資信託や株式投資を行うことができます。

LINEポイントは、「LINE Pay」を使っている人や「LINEスマート投資」をやっている人であればポイントもそれなりに貯まっていると思います。

普段LINEポイントを貯めていない人でも「LINEポイントクラブ」でポイントを貯めたり、ポイント交換アプリなどを使って「他のポイントをLINEポイントに交換する」ことも可能です。

LINE証券はまだ新しいサービスなので、取扱い銘柄は少ないですが、「投資信託」にも「株式投資」にもポイント投資を行うことができます。

 
LINE証券の登録で3株がもらえる

LINE証券で「新規口座開設+クイズ3問正解」で株が3株もらえるキャンペーンがあります。

クイズはとても簡単なので、3問正解して株をもらいましょう。

もらえる株一覧と過去1年の株価
  • 三菱UFJFG:380円~603円
  • パナソニック:692円~1,264円
  • 国際石油開発帝石:496円~1,217円
  • マツダ:505円~1,370円
  • 日産自動車:311円~966円
  • 丸紅:481円~843円
  • Zホールディングス:258円~485円
  • 王子HD:401円~713円
  • JXTGHD:320円~573円
  • 三菱ケミカルHD:547円~888円
  • 東レ:397円~848円
  • これらの銘柄が、最初にプレゼントされる候補に入ってきます。

    過去1年の株価も書いておきましたので、一番お得な銘柄を選ぶと良いでしょう。

     
    私が選んだ株「国際石油開発帝石」

    私が選んだ株は「国際石油開発帝石」で、3株で1900円ほどの価値がありました。

    LINE証券に口座開設するだけで2000円弱の株がもらえたので非常にお得です。

     
    口座開設にかかる日数が最短翌営業日

    通常の証券会社だと、口座開設にかかる日数が1週間~2週間ほどかかりますが、LINE証券は非常に早く、早くて翌営業日から取引することができます。

    1週間も2週間もかかると、気持ちが萎えてきますが、翌日にすぐ始められるのは嬉しいですね。

     
    夜間取引もあり(17:00~21:00)

    LINE証券では通常の9:00~15:00の取引時間の他に、17:00~21:00の夜間取引も可能です。

    取引にかかるスプレッド手数料が少し高くはなりますが、平日の日中は仕事などで取引できない人におすすめです。

    LINE証券のポイント投資の特徴と種類

    投資信託 株式投資
    種類 28銘柄 3700銘柄
    最低購入金額 100円 1株(単元未満株)
    LINEポイント 使用可能 使用可能
    夜間取引 17:00~21:00 17:00~21:00

    LINE証券ポイント投資は「投資信託28銘柄」「株式投資3700銘柄」となります。

    投資信託の取扱い商品は少ないですが、株式投資は東証1部上場の全銘柄を扱っています。

    LINE証券は夜間取引が可能なので、日中は仕事でなかなか取引できない人は、LINE証券を使うのがおすすめです。

    株式投資は1株(単元未満株)から購入することができるので、数百円から投資することができます。

    株主優待は1単元にならないともらえないですが、配当金は1株からもらうことができます。

     
    株式投資

    LINE証券の株式投資は3700銘柄の中から購入することができ、100円台の銘柄もたくさんあります。

    少ないもので1株から購入することができるので、LINEポイントで株を積み立てて行きましょう。

    株は配当金をもらうこともできますし、単元株になれば、株主優待ももらうことができます。

     
    投資信託

    LINE証券では投資信託が28銘柄の中から選ぶことができます。

    種類は少ないですが、購入手数料、解約手数料がかからず、100円から投資することができます。

    投資信託ランキング

    順位 投資信託の名前 特徴
    1位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 米国S&P500に連動
    2位 netWIN GSテクノロジー株式ファンドB(ヘッジなし) 米国インターネット関連企業への株式投資
    3位 楽天日本株トリプル・ベア4 日本株価の下落で市場3倍程度の上昇
    4位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 1本のファンドで全世界の株式に分散投資
    5位 楽天日本株4.3ブル 日本株価の上昇で市場4.3倍程度の上昇

    eMAXIS Slimシリーズは他に「バランス8資産均等型」「先進国株式インデックス」「国内株式(TOPIX)」「新興国株式インデックス」などがあります。

    数は少ないですが、バランスの取れた投資信託が並んでいます。

    LINE証券のポイント投資の手数料

    投資信託 株式投資
    手数料 運用手数料(年間0.1%~2.0%) スプレッド(日中0.05%、夜間0.5%)

    LINE証券ポイント投資の手数料は、「投資信託」は運用手数料のみとなり、「株式投資」はスプレッド制で日中0.05%、夜間0.5%となります。

    夜間の手数料は日中の10倍となるので、できるだけ日中に取引するのがおすすめです。

    ポイント投資の株式投資でスプレッド制を取っている証券会社はめずらしく、1万円の投資でも日中は5円、夜間は50円の手数料となり、手数料は安い方です。

    LINE証券のポイント投資のやり方

    LINE証券ポイント投資のやり方を画像付きで説明して行きます。

    LINE証券にはあらかじめポイントを入れておいてください。

     
    LINEのウォレットから証券へ

    まずLINEの右下にある「ウォレット」→「証券」を選択します。

    「ホーム」→「サービス」でお気に入りに入れておいても良いと思います。

     
    購入する銘柄を検索

    購入する銘柄を検索しましょう。

    今回、私は原油ETFを買いたいので、ETFから原油を選んで行こうと思います。

    特に欲しい銘柄がない人は、「投資信託」→「1年リターン → 購入件数」に変更すると、人気の投資信託が出てきます。

    投資信託は100円から買えるので、投資信託から始めましょう。

     
    購入する銘柄の詳細ページを開く

    購入する銘柄の詳細ページを開いたら、一番下にある「買う」をクリックします。

     
    数量を入力して買う

    購入する数量を入れて「買う」をクリックします。

    投資信託の場合は100円から、株式投資の場合は1株から購入できます。

    今回は253円が口座残高なので、1株購入します。

     
    購入完了

    これで購入完了です。

    OKをクリックしましょう。

     
    保有銘柄の一覧に表示される

    購入が完了すると、保有銘柄の一覧に購入した銘柄が表示されます。

    これでLINE証券ポイント投資のやり方は完了です。

    LINE証券のポイント投資まとめ

    LINEポイントはLINEスマート投資に入金すると、ポイントがたくさんもらえるんだね。
    すぐ引き出せば良いから、僕もやってみようかな。

    カクカク

    マルマル

    資金に余裕があれば、最大2,000ポイントを目指してみても良いよね。
    ぜひ貯めたポイントでLINEポイント投資をやってみよう。

    LINEポイント投資について紹介して来ました。

    LINE証券は口座開設をすると株がもらえたり、LINEスマート投資を使った裏技でLINEポイントを貯めることも可能です。

    ぜひお得に貯めたポイントを使ってLINEポイント投資をやってみましょう。

    LINE証券は投資信託も国内株式も投資ができるので、商品もバリエーションが多いです。

    売買手数料もスプレッド方式でお得になっています。

    LINE証券ポイント投資の詳細を確認する