[楽天証券ポイント投資] 楽天ポイントを現金化する

楽天証券 ポイント投資 現金化

楽天証券のポイント投資って現金化できるって聞いたけど本当?
もし本当に現金化できるなら教えてほしいな。

カクカク

マルマル

本当だよ!楽天ポイントで投資信託を買って、解約すれば現金になるんだよ。
このページでは楽天ポイントの現金化について詳しく紹介するね。

楽天ポイントは通常は現金化できず、楽天市場で商品券などを買って使うか、商品券を買取ショップに持って行くことにより現金化することができました。

しかし、楽天証券のポイント投資を使うことによって、楽天ポイントを簡単に現金化する方法があるので紹介して行きます。

まずは楽天証券で口座開設が必要になるので、まだ作っていない人は口座開設しましょう。

楽天証券ポイント投資で「楽天ポイントを現金化」できる

楽天証券のポイント投資は「楽天ポイント」を現金化して投資信託を運用する方法です。

似たようなサービスで楽天PointClubの「ポイント運用」はポイントのまま運用し、利益もポイントとしてもらえる方法があります。

ここではポイントを現金化したいので、楽天証券のポイント投資を使って行きます。

楽天ポイント現金化の流れ
  1. 楽天証券ポイント投資で「投資信託」を購入する
  2. 投資信託をすぐに解約(売却)する ※現金化される
  3. 現金を銀行に出金する

このような流れです。

時間 手数料
楽天証券の口座開設 2週間程度 無料
ポイント投資で購入 平日9時~15時 無料
ポイント投資の解約 平日9時~15時 無料
出金 15:30までは翌営業日、15:30以降は翌々営業日 無料

楽天証券ポイント投資を使った「楽天ポイントの現金化」は手数料がすべて無料で行えます。

投資信託には「管理費」がかかり、商品によって違います。

だいたい年間0.1%~1%程度なので、1日保有したとしても「ごくわずか」の損失程度で済みます。

購入してすぐに解約をすれば、運用損益はほとんど出ることなく現金化することが可能です。

口座開設は時間がかかる
楽天証券の口座開設は、口座開設情報の郵便物が届くまで約2週間かかります。
早めに口座開設して準備しておきましょう。

[楽天証券ポイント投資] ポイントを現金化する方法

では楽天証券ポイント投資の「ポイントを現金化する方法」を画像付きで紹介して行きます。

大事なポイントは「楽天ポイントで購入する設定」となります。

楽天証券に残高が残っている人は、間違えて現金で購入してしまわないように気を付けましょう。

[楽天証券ポイント投資の現金化] 設定

楽天証券でポイント投資をするためには、最初に設定が必要になります。

現状が「楽天証券ポイントコース」になっている人は、ログイン後のページ右側にある「楽天スーパーポイントコースへの変更・SPU利用はこちら」をクリックします。

 
楽天スーパーポイントコースに変更

「楽天スーパーポイントコースに変更する」をクリックします。

 
同意書を読んで次に進む

同意書をよく読んで、同意にチェックをいれて「次に進む」をクリックします。

 
ログインする

楽天会員のログイン画面になるので、ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」します。

 
同意する

楽天IDを使って楽天証券にログインすることを同意します。

 
暗証番号を入力

取引暗証番号(4桁の数字)を入力して「変更」をクリックします。

これで、楽天証券ポイント投資に楽天ポイントを使うことが許可されました。

続いて銘柄を指定して購入手続きをして行きましょう。

[楽天証券ポイント投資の現金化] 購入

楽天証券トップページから上の方にある「投信」→「投信スーパーサーチ」をクリックします。

 
銘柄を指定する

楽天証券の投資信託銘柄は画面のように2643個もあります。

左側から条件を絞ることができるので、自分の条件や好みに合わせた投資信託を選びましょう。

今回は人気ランキングNo.1の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選択します。

 
スポット購入か積立注文か選ぶ

購入する商品が決まったら、スポット購入(1回単発購入)と積立注文(毎月定期購入)、NISA積立注文があります。

ここでは現金化が目的なので、「スポット購入」で説明して行きます。

 
スポット購入


  • 買付金額:100円以上1円単位(500円以上だとSPU+1)
  • ポイント利用:一部使う、すべて使うを選択
  • 分配金コース:受取型(配当を受け取る)、再投資型(配当金を再投資する)
  • 口座区分:特定(源泉徴収)、一般(確定申告する人)

楽天ポイント投資の「スポット購入」は1回だけの単発購入のことを言います。

利用可能ポイントが表示されるので、一部使うかすべて使うか選択しましょう。

 
暗証番号を入力して注文

内容を確認して「取引暗証番号」を入力して「注文」します。

楽天証券ポイント投資のスポット購入はこれで完了です。

[楽天証券ポイント投資の現金化] 解約(売却)

楽天証券のトップページの上の方にある「投信」をクリックします。

 
保有商品一覧

画面真ん中あたりにある「保有商品一覧」を選択します。

 
商品一覧から売却

保有している投資信託一覧が出て来ますので、左側にある「売却」をクリックしましょう。

 
全部売却または一部売却

売却数量は「全部売却」か「一部売却」を選択することができます。

一部売却の場合は口数を入力しましょう。

 
暗証番号を入力して注文

売却する商品と数量を確認し、「取引暗証番号(4桁数字)」を入力して「注文」をクリックします。

これで楽天証券ポイント投資の解約は完了です。

[楽天証券ポイント投資の現金化] 引き出し

続いて楽天証券ポイント投資の出金についても紹介します。

楽天証券トップページの上の方にある「入出金・振替」にカーソルを合わせ、表示された「出金」をクリックします。

 
出金口座を登録する

楽天証券で出金口座の登録をしていない人は、このような「出金先指定口座を設定してください」と表示されます。

「登録する」を選択して口座登録をしましょう。

 
銀行詳細を入力

出金先銀行の詳細を入力して行きます。

楽天銀行に指定して「マネーブリッジ」登録すると、普通預金の金利が上がったり、自動入出金ができたりなど、メリットがたくさんあります。

 
暗証番号を入力して登録

出金先銀行の内容を確認し、「取引暗証番号(4桁数字)」を入力して「登録・変更」をクリックします。

これで出金先銀行の登録が完了です。

続いて出金手続きをして行きましょう。

 
出金日と出金額を入力


  • 当日出金・指定日出金:どちらかを選択
  • 出金指定日:指定日がある人は選択する
  • 出金額:一部出金(金額を入力)か出金可能額すべてを選択

出金日と出金額を入力して行きます。

ほとんどの人は当日出金で良いと思うので、当日出金を選択しましょう。

指定日がある人は指定日を選択し、出金額を入力しましょう。

 
暗証番号の入力

出金日と出金額、出金先の銀行詳細を確認して「取引暗証番号(4桁数字)」を入力して「出金する」をクリックします。

これで楽天証券ポイント投資の出金は完了です。

楽天証券ポイント投資 現金化まとめ

この方法はなかなかの裏技だね。これからは商品券を買って、チケットセンターに売りに行かなくても済むね。

カクカク

マルマル

あまりメジャーになると制限が入るかもしれないから、あまり言わないでね。

楽天証券ポイント投資を使った「楽天ポイントの現金化」について紹介して来ました。

なかなかの裏技なので、これが現金化のメジャーな方法になってしまうと、何か制限などが入ってしまうかもしれません。

楽天証券に口座が無い人は、口座開設に時間がかかってしまうため、早くに開設しておくのがおすすめです。

口座開設さえ済めば、後は設定して購入して売却するだけなので、商品券を買って現金化するよりも断然お得な方法になります。

ぜひやってみてください。

楽天証券ポイント投資 関連記事