日興フロッギー+docomo dポイント投資の活用方法

日興フロッギー+docomoって何?
dポイント投資に何かメリットがあるの?

カクカク

マルマル

日興フロッギー+docomoはdポイント投資にメリットがあって、期間限定ポイントが使えるんだよ。
ここでは日興フロッギー+docomoの特徴や活用方法について紹介して行くね。

dポイント投資では1回の投資ポイントが1万円になるTHEO+docomoの他にも日興フロッギー+docomoがあります。

日興フロッギー+docomoの活用方法は基本的には「期間限定ポイントを投資する+現金化」に使うことが多いです。

このページでは日興フロッギー+docomoの特徴や活用方法について紹介して行きます。

日興フロッギー+docomoのメリット
  • dポイントの期間限定が使えるので、余ったポイントを投資に使える
  • 購入した投資信託をすぐに解約すれば、dポイントの現金化にもなる

日興フロッギー+docomoの詳細を確認する

日興フロッギー+docomoのキャンペーン

キャンペーン内容
  • 応募フォームからの申し込みで500ポイント(抽選)
  • 期間中の口座開設で200ポイント

現在、日興フロッギー+docomoではキャンペーンを開催中です。

 
総額300万ポイント山分けキャンペーン

500ポイントは抽選ですが、応募フォームにメールアドレスを入力するだけで完了します。

総額300万ポイント山分けキャンペーンに応募する

 
dアカウント連携キャンペーン

日興フロッギーとdアカウントを連携すると200ポイントがもらえます。

(既に口座を持っている人は100ポイント)

キャンペーンは頻繁に行われているので、ぜひキャンペーン期間中にSMBC日興証券の口座開設をするようにしましょう。

日興フロッギー+docomoの特徴

日興フロッギー+docomoの特徴を紹介して行きます。

日興フロッギー+docomoはSMBC日興証券の口座とdアカウントが必要

日興フロッギーはSMBC日興証券の口座開設とdアカウントの開設が必要になります。

日興証券はコチラから口座開設し、dアカウントはコチラからアカウント作成して行きましょう。

日興フロッギー+docomoは100円単位で購入可能

日興フロッギー+docomoは100円(100dポイント)単位で購入することができます。

1株が高くても100円(100ポイント)から購入することができるので、株価の高い銘柄でも投資することができます。

好きな銘柄があれば、定期的にコツコツ買い足して行くことも可能です。

配当金は持株割合に応じてもらうことができます。

日興フロッギー+docomoは株式投資のみ

日興フロッギー+docomoで購入できるのは株式のみとなり、投資信託はETF(上場投資信託)のみとなります。

通常、株式しか買えない証券会社だと1株ずつしか買えませんが、日興フロッギーは100円(100ポイント)から購入できるので、投資信託のように自由に金額を設定できます。

日興フロッギー+docomo dポイント投資の活用方法

日興フロッギー+docomoはTHEO+docomoのように、1回で追加できるdポイントが増える訳ではありません。

日興フロッギー+docomoの活用方法は「期間限定ポイントも使える」という点になります。

dポイント投資は期間限定ポイントが使えないので、代わりに日興フロッギー+docomoで投資をするか、次の日に売って現金化すると良いでしょう。

買って次の日にすぐ売れば、少ないリスクに抑えることができます。

もし全くリスクを取りたくない人は、日経225と日経インバース(日経と逆方向に動くETF)などを購入してリスクを抑えましょう。

記事を読むだけでdポイントがもらえる

日興フロッギー+docomoはトップページに定期的に「この記事を読んだらdポイント+3」という記事がアップされます。

記事を読むだけで3dポイントがもらえるので、3ポイントの記事がアップされたら読むようにしましょう。

日興フロッギー+docomoのデメリット

日興フロッギー+docomoのデメリットを紹介します。

日興フロッギーは「記事から株が買える投資サービス」という変わった仕組みになっているので、いくつか不便な点があります。

銘柄検索が分かりにくい

日興フロッギーは株式銘柄の検索が非常に分かりにくく、通常の証券会社の仕組みに慣れた人は、銘柄検索だけでも一苦労します。

 
記事から銘柄を探す

日興フロッギーにはたくさんの株式に関わる記事がありますが、記事内から銘柄を購入することができます。

 

このように記事の途中でチャート画面と「買う」「売る」の画面が登場します。

日興フロッギーは「記事から株が買える投資サービス」なので仕方がないですが、分かりにくいです。

 
検索窓から探す

もう一つの銘柄検索方法は、スマホだと右上にある虫眼鏡のマークをクリックして、銘柄の名前や番号を入れて探す方法です。

検索窓が大きく表示されていれば良いですが、日興フロッギーな虫眼鏡のマークがあるだけなので、非常に分かりにくいです。

株主優待がもらえない

日興フロッギーのように金額単位で株を購入できるサービスは「るいとう(株式累積投資)」と呼ばれ、配当金はありますが、株主優待はもらえません。

議決権もないので、本格的に株主になりたい人は別の証券会社の方がおすすめです。

もし株主優待や端株優待をもらいたい人は、ネオモバ(SBIネオモバイル証券)でポイント投資するのが良いでしょう。

ネオモバはTポイントを使って1株(S株)から購入することができるポイント投資です。

日興フロッギー+docomoは売却手数料高め

購入手数料 売却手数料
100万円以下 無料 0.5%
100万円~ 無料 1%

日興フロッギー+docomoは購入手数料は無料ですが、売却手数料がかかります。

100万円以下の取引で0.5%、100万円より高い取引の場合は1%の手数料が必要です。

1万円分の取引で50円の売却手数料、200万円だと2万円の手数料となります。

日興フロッギーの公式サイトでは「購入手数料が無料」と大々的にうたっていますが、代わりに売却手数料がかかりますのでご注意ください。

日興フロッギー+docomoまとめ

日興フロッギー+docomoはdポイントの期間限定ポイントを投資したり現金化するのに役立つね。

カクカク

マルマル

そうだね。他はあまりメリットがないから、サブで使うと良いよ。
メインは1日の投資金額が増えるTHEO+docomoの方がおすすめだよ。

日興フロッギー+docomoの特徴について紹介して来ました。

日興フロッギーはdポイント投資の追加金額が増える訳ではありませんが、期間限定ポイントが使えるメリットがあります。

dポイントの期間限定ポイントは使える方法が少なく、「dマーケットなどでネットショッピング」「dポイント加盟店での支払い」「d払い」くらいしかありません。

SMBC日興証券の日興フロッギーは期間限定ポイントで将来への積立てができ、場合によっては現金化できます。

期間限定ポイントが余っている人は、日興フロッギーでdポイント投資を始めてみましょう。

日興フロッギー+docomoの詳細を確認する

dポイント投資 関連記事