dポイント投資の税金は課税対象? ポイント運用・投資の違い

dポイント投資の税金について聞きたいな。
ポイントで運用して利益もポイントでもらえるけど、課税対象になるの?

カクカク

マルマル

dポイント投資などの「ポイント運用」でも一定金額を超えると税金がかかるんだよ。
ここではdポイント投資の税金について詳しく紹介するね。

dポイント投資の税金は「年間利益50万円を超えると必要」になり、50万円までは「控除」となって納税する必要はありません。

50万円を超えてもポイント運用は「一時所得」の扱いとなり、税金はかなり安くなります。

ここではdポイント投資の税金について詳しく解説して行きます。

dポイント投資の詳細を確認する

dポイント投資の税金 課税と非課税

ポイント運用
所得の種類 一時所得
控除額 50万円
申告不要金額 20万円(50万円と合わせて70万円までは申告不要)
税率 (所得金額-50万円)×2分の1の所得税

dポイント投資は「ポイント運用」という「ポイントで運用して利益もポイントでもらえる」投資商品ですが、税金は一定金額を超えるとかかります。

年間50万円の利益までは控除されるので支払う必要がなく、そこから20万円は申告不要金額となります。

この申告不要金額20万円は「少額だから、わざわざ確定申告して納税しなくて良いよ」という金額のことで、普段から確定申告をしている人は申告・納税する必要があります。

サラリーマンなどの普段、確定申告をしていない人は、年間70万円の利益まで税金がかからないので、かなりお得な投資方法です。

 
年間利益ごとの税金

利益 税金額
50万円 0円
75万円 6,250円
100万円 1.25万円
200万円 3.75万円
300万円 6.25万円
500万円 22.5万円
一時所得の計算方法
(所得金額-50万円)×2分の1の所得税

dポイント投資の税金は「一時所得」となり、年間70万円を超えたとしても税率はかなり安い方です。

年間100万円稼いでも税金は1万2500円で済み、500万円稼いでも22.5万円でかなり安いです。

通常のポイント投資(投資信託など)は税率が20.315%なので、もっと高くなります。

dポイント投資は税金としてはかなりお得なので、積極的に運用すると良いでしょう。

dポイント投資の税金 ポイント運用・投資の違い

ポイント投資 ポイント運用
所得の種類 分離課税 一時所得
控除額 なし 50万円
申告不要金額 20万円 20万円(50万円と合わせて70万円までは申告不要)
税率 20.315% (所得金額-50万円)×2分の1の所得税

ポイントを現金化して運用する「ポイント投資」とdポイント投資などのポイントのまま運用する「ポイント運用」を比較すると、ポイント運用が控除額がある分かなりお得です。

さらに、税金も通常の所得税の半分(2分の1)となるので、他の副業などと比べるとかなり安く済みます。

税金で考えるとdポイント投資は素晴らしい投資方法になるので、ぜひ頑張って利益を上げて行きましょう。

 
ポイント投資とポイント運用の税金の違い

利益 ポイント投資 ポイント運用
100万円 20.315万円 1.25万円
200万円 40.63万円 3.75万円
300万円 60.945万円 6.25万円
500万円 101.575万円 22.5万円

ポイント投資とポイント運用の税金を比べると、圧倒的に違いがあるのが分かります。

dポイント投資は「ポイント運用」になるので、楽天証券やSBIネオモバイル証券などの「ポイント投資」などよりも税金が圧倒的に安くなります。

dポイント投資の税金まとめ

dポイント投資の税金は年間利益50万円までかからないんだね。
僕はまだそんなに稼いでいないから、しばらく安心だよ。

カクカク

マルマル

50万円を超えても、そこから20万円は申告不要だし、税金がかかったとしても少額だからdポイント投資はおすすめだよ。

dポイント投資の税金について紹介して来ました。

dポイント投資は「ポイントのまま運用」となるので一時所得になり、50万円までの控除、そこから20万円の申告不要金額があります。

もし税金がかかっても、他の所得の種類と比べると圧倒的に税率が安く済むので、ぜひ積極的にdポイント投資をやって行きましょう。

dポイント投資の詳細を確認する

dポイント投資 関連記事