楽天ポイント運用は税金が必要? 課税と非課税の違い

楽天ポイント運用 税金

楽天ポイント運用はポイントで運用しているけど税金はかかるの?

カクカク

マルマル

ポイントで運用して利益もポイントで受け取ったとしても、税金はかかるんだよ。
ここでは楽天ポイント運用の税金について詳しく説明するね。

楽天ポイント運用はの利益は「一時所得」となり、年間50万円の利益(50万ポイント)を超えると税金の支払い対象となります。

このページでは楽天ポイント運用の税金の種類や、控除金額、税金の計算方法について解説して行きます。

楽天ポイント運用の詳細を確認する

楽天ポイント運用の税金 課税と非課税

税金の種類 一時所得
税率 (所得金額-50万円)×2分の1の所得税
控除額 年間50万円
申告不要金額 20万円(50万円と合わせて70万円までは申告不要)

楽天ポイント運用など「ポイント運用」の税金は「一時所得」となり、年間50万円分の利益を超えると課税対象となります。

通常、年間利益20万円までは申告不要金額となり「少額だから確定申告してまで税金を支払わなくて良いよ」という制度になっています。

「控除金額50万円 + 申告不要金額20万円 = 合計70万円の年間利益(70万楽天ポイント)」までは確定申告が不要となります。

普段から確定申告している人は50万円を超えたら税金がかかる
20万円の申告不要金額は、普段、確定申告していない人が対象となり、普段から確定申告している人は、控除額50万円を超えたら納税の義務があります。
あくまで確定申告を普段やっていない人だけが対象となります。

 
税金の計算方法

所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超~330万円以下 10% 97,500円
330万円超~695万円以下 320 427,500円
695万円超~900万円以下 23% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 23% 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超~ 45% 4,796,000円
年間利益100万円の計算方法
(100万円 – 50万円) ×2分の1 = 25万円(所得金額)
25万円 × 5% = 12,500円(納める税金額)
年間利益300万円の計算方法
(300万円 – 50万円) ×2分の1 = 125万円(所得金額)
125万円 × 5% = 62,500円(納める税金額)

ポイント運用の税金計算はこのようになります。

控除額50万円があるのと、税率が2分の1になるので、一時所得の税金はすごく低いです。

「ポイント投資」と税金の違いを比べてみましょう。

楽天ポイント運用の税金 ポイント運用・投資の違い

ポイント投資 ポイント運用
所得の種類 分離課税 一時所得
控除額 なし 50万円
申告不要金額 20万円 20万円(50万円と合わせて70万円までは申告不要)
税率 20.315% (所得金額-50万円)×2分の1の所得税

楽天にも「楽天証券ポイント投資」がありますが、控除額50万円がなく、税率も20.315%でポイント運用よりも高くなっています。

具体的に年間利益の金額で比較すると、このようになります。

ポイント投資とポイント運用の税金の違い

利益 ポイント投資 ポイント運用
100万円 20.315万円 1.25万円
200万円 40.63万円 3.75万円
300万円 60.945万円 6.25万円
500万円 101.575万円 22.5万円

税金で比較すると、このように「ポイント運用」の方が圧倒的に税金が安くなります。

年間50万円の利益まではポイント運用は非課税になるので、少額であれば楽天ポイント運用にしておきましょう。

楽天ポイント運用の税金まとめ

楽天ポイント運用も税金がかかるんだね。
ポイント投資と比べて税金が安くて良かったよ。

カクカク

マルマル

楽天ポイント運用は税金がかかるけど、実質70万円の年間利益までは非課税だから、ほとんどの人は課税対象にならないと思うよ。

楽天ポイント運用で利益が出た場合、税金の対象となりますが、実質70万円(50万円の控除 + 20万円の申告不要金額)の利益までは非課税となります。

もし70万円を超えても、他の所得と比べると圧倒的に安いので、まだ良い方だと思います。

楽天ポイント投資と比べても税金は安くなるので、少額投資であれば楽天ポイント運用を選んでも良いでしょう。

楽天ポイント運用の詳細を確認する

楽天ポイント運用 関連記事