改正薬事法とネット販売

改正薬事法によって市販薬をネット販売できるようになりました。
以前は第一類医薬品と第二類医薬品の販売はネットで販売できませんでした。
販売できるようになるまでに、多くの有識者や政治家等で議論がなされました。
その結果、医薬品の中でも1%程度のものを除いては、ネット販売が可能となっています。
しかし、ネットで販売する際には厳格なルールが存在します。
購入者は、メールなどで性別、年齢、症状、医薬品の使用状況等を必ず申告する必要があります。
また第一類医薬品の場合には、薬の留意事項や飲み方を理解してもらった上で、商品を発送することが重要です。
第二類医薬品についても、原則として同じようなことをすることが求められています。
細かいルールについては、厚生省のホームページを参考にする必要があります。
ネット販売のメリットとしては、仕事で多忙、障がい者、高齢者などで病院に行くことが難しい人にとって、非常に便利な仕組みとなっています。
また、処方箋をもらうために医師に診断を受ける費用の削減にもなります。
利用者がうまく活用できれば、効率的に薬を手に入れることができるような便利な仕組みです。
また、病院の対応が今までよりも少なくて済むようになります。